口座の種類

口座の種類 株の教科書

さぁ証券口座開こうと思っても、口座の種類どれ選んだらいいかわからへん!
って人のために口座の種類を簡単に紹介します。

スポンサーリンク

特定口座(源泉徴収あり)

僕はこれ作ってます。
株の売買などで利益が出た場合、約20%の税金がかかります。通常、1年間の取引を確定申告で税務署に申告しないといけないんですが、特定口座を開くと取引明細を証券会社がまとめてくれるんです。さらに「源泉徴収あり」の場合、税金も勝手に引いてくれるので確定申告する必要がありません。ただし、年間利益が20万以下の場合や複数の証券口座で取引している場合は、確定申告をすると払った税金が還付されることがあります。また損失が出た場合も3年間繰り越せるので、確定申告した方がお得です。

特定口座(源泉徴収なし)

取引明細は証券会社がまとめてくれていますが、税金は自分で確定申告をして払う必要があります。ただし給与所得が2,000万円以下で年間利益が20万以下の場合、確定申告は不要です。

一般口座

特定口座(源泉徴収なし)と同様、確定申告が必要です。さらに、年間の譲渡損益を自分で計算する必要があります。

信用取引口座

信用取引をする為には信用取引口座が必要です。信用取引は担保の約3.3倍までの取引が可能で、1日に同じ銘柄を何度も取引できます。デイトレするなら松井証券の信用取引口座は必須です。
証券口座どれがいい?

NISA口座

NISA口座は税金がかからないので確定申告は不要です。年間120万分の非課税枠を最長5年間使えますが、買った商品を年内に売ってしまうと枠は使ったことになるので、長期のキャピタルゲイン狙いや、配当目的におすすめです。

つみたてNISA

積み立て用のNISAです。年間40万円分の非課税枠を最長20年間使えます。

タイトルとURLをコピーしました