分売ってどーなん?

株の教科書

分売ってなあに?

分売は「立会外分売」の略で、企業などの大株主が所有する株を通常の取引時間外に売り出すことです。
前日終値の2~5%割引した価格で買えて、さらに取引手数料も無料というおまけつき!
ただし、購入希望者が多いと抽選になります。
お得感満載の「分売」ですが、なんでもかんでも飛びつくのはちょっと危険かも。。。

分売される理由を探れ!

分売する側(売り手)が分売する理由にはポジティブな場合とネガティブな場合があります。

ポジティブな理由⇒市場鞍替えを狙っている

企業は上場するからには東証一部を狙っています。
東証一部に上場しているってことは厳しい審査基準をクリアしてるってことで、企業の信頼性をアピールできて商売する上で有利だからです。
審査基準はいっぱいあるんですが、その中に株主数2,200人以上ってのがあるんです。
これをクリアする為に、企業は持ち株を分売することがあります。

ネガティブな理由⇒目先の現金を手に入れるため

例えば親会社が資金不足のときに、子会社の株を分売して資金を集めるなどネガティブな理由で分売が行われるときがあります。

適時開示などで分売される理由をよく調べましょう。

結局儲かるの?

ポジティブな分売が大前提ですが、短期で考える場合と中長期で考えた場合とでちょっと変わります。

短期で考える場合

分売されると株価はディスカウント分ぐらい下がる事が多いです。
それを狙って空売りしている投資家の買い戻しを狙う方法で、分売直前の信用売り残が急増した銘柄はチャンスです。

中長期で考える場合

東証一部鞍替えが決定すると株価は大きく上がることが多いです。
鞍替え目的で分売すると発表した場合は、他の条件はほぼ満たしているんじゃないかと予測して、鞍替え決定まで持ってみるのもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました