株式用語集

株式用語集 株の教科書


ROE
自己資本利益率で、資金を元手に利益を稼ぐ能力を数値化したもの。ROE=当期純利益÷自己資本×100で、高い方が優秀。
IR
企業が発表するニュース。これが出る時株価は動く!
IPO
未上場企業が上場する時に株式を売り出す事。買いたい人は証券会社に応募すると抽選が行われ、当たると公募価格で買える。公募価格は割安な事が多いけど、なかなか当たらない。
青天井
株価が何の抵抗もなく、す~っと上がっていく状態。
アノマリー
論理的な説明がないのに、そうなる傾向が強い動き。「大発会は株価が上がりやすい」など。
板寄せ
出されている注文をまとめて最適株価を決める方法。
いってこい
株価か値上がり(値下がり)した後、もとの株価に戻ってくる事。
一般口座・特定口座
一般口座は自分で確定申告をしないといけないが、特定口座は証券会社が代わりにやってくれる。
インカムゲイン・キャピタルゲイン
配当などで得る利益をインカムゲインといい、売買益で得る利益をキャピタルゲインという。
売り方・買い方
売ってる人、買ってる人のこと。
売り禁
「賃借取引の申込停止措置」のことで、新規の空売り信用買い現引きが禁止される措置。空売りが増えすぎた時に指定される。売り禁になると出来高が減る。
押し目
上昇中の株価が利益確定売りなどで、一時的に下げること。押し目を狙って買う投資法を「押し目買い」というが、「押し目買い押し目なし」という格言もある。意味は押し目待ってても結局高く買う事になるよ。
思惑買い
材料が出る前に予測や噂で買うこと。
織り込み済み
材料を既に考えた上での株価だよって事。

 


買い戻し
信用売りをしていた株を買い戻して決済する事。
貸株
現物株を証券会社に貸し出す事。貸株料として金利を受け取れる。
株式分割
発行している株を分割して株数を増やす事。1,000円で100株持ってて1:2に分割されると500円で200株に変わる。100株あたりの配当は変わらないので増配になる。企業が株の流動性を高める為に行う。
空売り
信用売りのこと。株を借りて売り、下がってから買い戻すと利益になる。
ガラ
上がっていた株価がガラっと崩れること。ガラが起きることをガラるという。
機関
投資を業務とする法人や団体。
逆指値(ぎゃくさしね)
指定した価格より高くなったら買いを入れる注文。またはその逆。
逆日歩(ぎゃくひぶ)
信用売りをしている期間中に借りている株にかかる金利のこと。
気配
需給状況のこと。いくらで何株の注文が出ているかを「気配値」という。また、買いの注文が多いことを買い気配、その逆を売り気配という。
堅調・軟調
ジリ上げ相場、ジリ下げ相場のこと。
現物
信用取引じゃなく、実際に持っている株のこと。
権利確定日・権利落ち日
配当株式分割を受ける権利が発生する日を権利確定日といい、その次の営業日を権利落ち日という。権利落ち日には、配当分の価格を目安に株価が下がる事が多い。
現引き・現渡し
信用取引している銘柄を現金を支払って引き取ることを現引き といい、 信用売りしている銘柄を現物を差し出して決済することを現渡しという。⇒【松井証券】一日信用取引で持ち越してしまったら
公募
一般の投資家に対して新株を発行する増資。
ゴールデンクロス・デッドクロス
チャートで短期移動平均線長期移動平均線を下から上に突き抜けることをゴールデンクロス、上から下に突き抜けることをデッドクロスという。
5%ルール
発行株数の5%以上の株を買った時や、5%取得後に1%以上の変動があった時は公表しないといけない法律。

 


材料
株価が動く原因となるニュース。ポジティブなニュースを好材料、ネガティブなニュースを悪材料という。また、材料を持っている銘柄を材料株という。
指値注文・成行注文
値段を決めて出す注文を指値注文といい、値段を決めずに今の価格で注文することを成行注文という。
塩漬け
損切りしないで放置すること。
時価総額
株価×発行株数のこと。
しこり玉
高値で買ってしまったり安値で売ってしまって捕まってしまい、戻ってきた時に決済しようとしているポジションのこと。
自社株買い
企業が自社の株を買い戻し、1株の価値を高めること。
システムトレード・裁量トレード
ルールに基づいて機械的に取引することをシステムトレードといい、トレーダーの直感で取引することを裁量トレードという。
順張り・逆張り
トレンド方向に売買することを順張り、その逆を逆張りという。
ショート・ロング
売り注文のことをショートといい、買い注文のことをロングという。
仕手株
特定のグループにより意図的に株価を操縦される対象となった銘柄。このグループを仕手筋という。
信用
信用取引のことで、証券会社から株を借りて行う取引。現金や株券を担保に3.3倍までの取引ができ、6ヶ月以内に返済する。⇔現物
信用倍率
信用取引されている買い方と売り方の割合。信用買い残÷信用売り残貸借倍率ともいう。
スイング
スイングトレードのことで、2日~2、3週間で売買を終わらせるトレード手法。 ⇒トレードスタイルを決めよう!
スキャルピング
数秒~数分間で売買を終わらせるトレード手法。 ⇒トレードスタイルを決めよう!
ストップ狩り
ストップ損切りのことで、大口の投資家などが個人投資家の損切りを誘発させて安く買い上げる手法。
ストップ高・ストップ安
過熱感を抑えるために1日の値幅制限が決められており、その限界値。
スリッページ
成行注文を出した時、注文時の価格と約定時の価格の差。
前場・後場・場中
前場は午前中の取引時間で9:00~11:30。後場は午後の取引時間で12:30~15:00。場中は取引時間全体を表し、ザラバともいう。
損切り
持ち玉の損失を確定させ、手仕まうこと。思惑と逆に動いたら早めに損切りするのがいいとされているが、ちょっと損が出たらすぐ損切りを繰り返して結果的にマイナスが増えていく「損切り貧乏」って言葉もある。ある程度は忍耐力も必要!

 


貸借倍率
信用取引されている買い方と売り方の割合。信用買い残÷信用売り残信用倍率ともいう。
大発会・大納会
1年の最初の取引日を大発会といい、最後の取引日を大納会という。
高値追い
当日の最高値を更新していくこと。
高値づかみ
高い値段で買ってしまうこと。
立会外取引
通常の取引時間外の取引のこと。時間外取引ともいう。
建玉
決済していない持ち株のことで、「買い玉」「売り玉」という。
強含み・弱含み
株価が上がりそうな雰囲気のことを強含みといい、下がりそうな雰囲気を弱含みという。
つれ高
ある銘柄につられて同業他社の株価が上がること。
ティック
株価変動の最小単位。
デイトレ
デイトレードのことで、1日のうちに売買を終わらせるトレード手法。 ⇒トレードスタイルを決めよう!
適時開示
株価に影響を与えそうな情報について、上場企業が開示するよう義務づけられている制度のこと。
手じまい
買い玉または売り玉を決済すること。
出来高
売買された株の数。
特別気配
場中に一度に大量の注文が出た時に板寄せが行われている状態。特別買い気配特買い特別売り気配特売りという。
ドテン
売り玉を持っていた人が買い玉に変更したりその逆。ドテン買いとかドテン売りという。
トレンド
株価の方向性のことで、株価が上向いている状態を上昇トレンド、その逆を下降トレンドという。トレンドに従った取引をトレンドフォローという。

 


投げ
損得関係なしに売ってしまうこと。
ナンピン
建玉の値段が思惑と逆に動いた時に追加で注文すること。

 


配当
企業の利益の一部を株主に還元すること。株価に対する1年間の配当の割合を「配当利回り」といい、企業が出す利益に対する配当の割合を「配当性向」という。企業が配当を増やすことを「増配」といい、減らすことを「減配」という。
バックテスト
システムトレードを行う時に、ルールを過去のデータを使って検証すること。
PER
株価収益率のことで、時価総額が純利益の何倍かの指標。PER=時価総額÷純利益で計算され、低い方が割安。
PBR
株価純資産率のことで、時価総額が純資産の何倍かの指標。PBR=時価総額÷純資産で計算され、低い方が割安。
引け
取引終了時間のこと。前場の引けを前場引けといい、後場の引けは大引けという。引けに成行で注文を出すことを引成注文という。また、引けで売買することを「引け買い」「引け売り」という。
ヒゲ
ローソク足の一部で高値と安値を表す線。
ピラミッティング
ナンピンの逆で、株価が思惑通りに動いている時に追加で注文を足していくこと。
風説の流布
株価を操作するためにウソや噂を広める行為で犯罪。
分売
立会外分売」のことで、企業が前日の終値から数%割引した価格で株を売り出すこと。抽選で当たると購入できる。⇒分売ってどーなん?
含み益・含み損
まだ決済してない状態の評価益評価損のことで、今決済したらなんぼ得するか損するか。
踏み上げ相場
空売りしている人の買い戻しを巻き込んで上がっていく相場。
ヘッジファンド
資産家の資産を運用するために、投機性の高い取引を行うファンド。
ポジション
買い玉か売り玉を持つことで、略して「買いポジ」とか「売りポジ」ともいう。
保証金
信用取引をする時、株を借りるための現金現物による担保が必要です。これを「委託保証金」といい、略して「保証金」という。取引している金額に対する保証金の割合を「委託保証金率」という。日本で信用取引をする時は、委託保証金30万以上+委託保証金率30%と法律で決まっている。つまり、30万以上あったら3.3倍の取引が出来る。信用取引している株価が下がったり、担保にしている現物の価値が下がったりすると、追加で保証金を入れないといけなくなり、これを「追証」という。
ボックス相場
トレンドが作られずに、一定の値幅の中で株価が上下する状態。
ボラ
ボラティリティーのことで一定期間の価格変動率。

 


前日終値と当日始値の差で、ローソク足で空間が出来る部分。英語ではギャップといい、ギャップアップ(GU)は前日終値より高い値で始まることで、ギャップダウン(GD)は前日終値より安い値で始まること。
見せ玉
実際に取引する気がないのに、板に表示させる事で投資家心理をあおり価格操作をする注文で 、違反ですがよくあります。
もみあい
買いと売りが拮抗している状態。

 


約定
取引が成立すること。
優待
企業が権利確定日時点の株主に対して自社商品やサービス券などを贈る制度。株価に対する1年分の優待の価値の割合を「優待利回り」という。
寄り
前場・後場それぞれの取引開始時間のことで、寄付きの略。寄りに高値を付けてジリ下げする事を「寄り天」といい、その逆を「寄り底」という。

 

ら・わ

利確・利食い
建玉の利益を確定させる注文。
リバ
リバウンドすることで、下がっていた株価が底を打って反転すること。リバが起きることをリバるともいう。
両建て
買いと売りを同時に行うこと。
狼狽売り
株価が急に下がった時に、焦って損を覚悟で売ってしまうこと。
ローソク足
一番使われているチャート。

タイトルとURLをコピーしました